相続の悩みをスパッと解決する京都の中島行政書士事務所
ご利用者の声をお聞き下さい
▼ご依頼への流れ
▼よくある質問
▼報酬について
▼事務所について

▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権の時効期間
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法
≫預貯金の引き出し
≫車の名義変更
≫土地や家の相続登記

▼その他の業務について
≫業務メニュー全般
≫離婚手続き
≫内容証明作成手続き
≫契約書作成手続き

≫任意後見手続き
≫会社設立の手続き
≫営業許可申請手続き
≫外国人ビザ手続き
≫自動車手続き

contents

所長のプロフィール

京都新聞への掲載記事
知って得する無料レポート
内容証明、離婚、遺言、会社設立

▼公的機関・費用・税金

中島行政書士事務所





≫よくある質問≫ご相談方法はこちらまで。

Q.遺言執行者についてのご相談  (ご相談者/匿名希望 様)

 遺言公正証書を作成する時点では、遺言執行者に司法書士を。
しかし、いざ相続となった時に、その方が業務禁止になっていました。
この場合、遺言執行者としての効力はあるのでしょうか?

また、遺言執行者が任務を怠る場合は、執行者の解任手続きをするしか方法はないでしょうか?


A.回答

 まず遺言執行者の欠格事由として、「未成年者及び破産者は、遺言執行者となることができない」と法定されています。
反対解釈としてそれ以外の者は誰でも遺言執行者になれるということです。

 問題は遺言書に「遺言執行者 司法書士○○」と書かれていた場合です。
ここからは私的見解ですが司法書士の方が司法書士業務を禁止になったことと、遺言執行者の地位を剥奪されるかどうかは関係ないと思います。
この点に関してはあくまで私的見解です。

 またおっしゃるように遺言執行者が任務を怠る場合は執行者の解任を請求することができますが、
その他の方法で遺言執行者を代えるには、遺言執行者自身が家裁の許可を得て辞任するか、
復委任として第三者にその任務を行わせるしかないと思います。


●ご相談者の声

ありがとうございます。 大変参考になりました。

 

相続と遺言書は切っても切れない関係レポート無料で進呈中!

 お名前、メールアドレスをご記入頂くとレポートが無料でダウンロードできます。

*メールアドレス

*名前

ご相談内容あれば、ぜひどうぞ。

≫よくある質問≫ご相談者の声もご利用下さい。
0120-54-7617
 電話相談 9:00~21:00 夜間相談可 
 ※夜間、土日祝日もご対応させて頂きます。
受付:中島行政書士事務所運営事務局まで 
秘密厳守、専門のスタッフが親切丁寧にご対応いたします。
お急ぎの方は、中島の携帯まで SB携帯 090‐3659‐4260

<中島行政書士事務所主要営業エリア>
・近畿の府県 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村 城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村
Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.  
ご相談はコチラまで