相続の悩みをスパッと解決する京都の中島行政書士事務所
ご利用者の声をお聞き下さい
▼ご依頼への流れ
▼よくある質問
▼報酬について
▼事務所について

▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権の時効期間
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法
≫預貯金の引き出し
≫車の名義変更
≫土地や家の相続登記

▼その他の業務について
≫業務メニュー全般
≫離婚手続き
≫内容証明作成手続き
≫契約書作成手続き

≫任意後見手続き
≫会社設立の手続き
≫営業許可申請手続き
≫外国人ビザ手続き
≫自動車手続き

contents

所長のプロフィール

京都新聞への掲載記事
知って得する無料レポート
内容証明、離婚、遺言、会社設立

▼公的機関・費用・税金

中島行政書士事務所





≫よくある質問≫ご相談方法はこちらまで。

Q.離婚による養育費についてのご相談  (ご相談者/玉置 様)

 以前こちらでお世話になりました。親切なお返事を頂き大変ありがたく感謝しております。
対応していただきその後、誠心誠意話し合いを繰り返してきましたが・・・・。もう一度、お力を貸して頂きたく思っております。
前回っ買い込ませていただいた内容ですが・・・・

 再婚し、元夫の子供2人、現夫の子1人を育てています。
先日、元夫から娘の誕生日に「おめでとう」と一言だけのメールが入りました。
私は離婚時、
・養育費は要りません。
・面接交渉権は無し
と取り交わし、正式ではないですが約束状にサインをしました。
離婚後、友人から私の連絡アドレスを聞いたようで、詫びのメールが2度入っておりました。
その後、1度だけ子供たちにプレゼントが送ってきたことはありました。
その後は全く連絡もプレゼントなどの送付もありませんでした。
私は、再婚し現夫との間に子供をもうけ、5人で生活しています。
子供とは養子縁組を交わしてもらい、法律上の親子は成立しているのですが・・
・。
 
 そんな中、1通のメールが届きました。一文だけでしたが、現夫は元夫に激怒しました。
「養育費も払っていない分際で、子供の様子だけ伺いやがって!!”面接交渉権 は無し”と約束したのではないのか!!
お前のメール1つで俺の気持ちは侵害された。 慰謝料を要求する!」と・・・。
不当な請求に元夫は弁護士を立てて、今後の話は弁護士を通じて・・・という結果になりましたが、
現夫は「メール1つであれ、面接交渉権の約束に反しているのではないか!!
反しているのであれば、約束状は破棄となり、子供の養育費を請求できるのではないか!!」と強く主張しています。
私が「再婚して養子縁組までもを取り交わしているのだから、今更養育費を請求なんて・・・。離婚時に、養育費は要りません!!と私が言ったことだから!」と一生懸命説得しているのですが、納得してくれません。・・・・でした。

 その後、こちらも、弁護士の先生に話を聞いていただき、現夫のキャパの狭さや、
今の現状では家族生活ができていないという子供達のかわいそうな姿を、先生が夫に叱咤してくださいました。
しかし、夫の意見は「親である以上、教育費を請求しても、おかしくないのでは!!
教育費を支払ってもらえれば、今以上に子供たちには習い事や少しでも裕福な生活をさせてやれるのではないか!!」というのです。
弁護士の先生は、「お子さんのことを考えて!!!というのであれば引き受けましょう!」という運びになってしましました。

私の意見としては、きっかけが””メール1つ””の始まりです。ここまでする必要があるのか・・・。と頭を抱えていますが・・・・。

再婚されて、養育費を請求される方は実際いらっしゃるのでしょうか?

私が精一杯説得しましたが、夫は聞いてくれず・・・。
私が働く!!と言っても、「男なんだから・親なんだから・子供のことを思うのであれば、教育費を支払うのが当たり前だ!!」と言います・・・。

どうか、ご意見を聞かせていただきたく思います。
長々と失礼しました。


A.回答

 養育費とは子供の権利です。
親が子供を育てるのに必要な費用の一切ですが、実質は子供の権利です。
つまり養育費は要らないという取り決めを夫婦がしてもその約束は無効です。
あなたからはもちろん子供自身からも元夫に対して後から請求することができます。
そのことはあなたが再婚しても同様です。

 ではその子を再婚相手の養子に入れた場合はどうなるかですが、養子縁組したということは法律上は再婚相手の子供でもあります。
ですから元夫、現夫が半々で養育費を負担するのが妥当だと思います。

 とはいえ、最終的には、当事者の話し合いによるしかありません。
とにかくお子さんのために、どうするのが一番良いのか、そのことを考えた上で協議するようにして下さい。


●ご相談者の声

アドバイスありがとうございます。  子供は、現夫を父として慕い必要としています。  養育費の請求で、子供への面接交渉を出されると 子供の心中はどうなるのか・・・。と悩んでおります。  ゆっくりと考えて解決の糸口を見つけたいと思います。  ありがとうございました。

≫不倫慰謝料請求に関しては、不倫慰謝料請求.comもご参考にして下さい。

0120-54-7617
 電話相談 9:00~21:00 夜間相談可 
 ※夜間、土日祝日もご対応させて頂きます。
受付:中島行政書士事務所運営事務局まで 
秘密厳守、専門のスタッフが親切丁寧にご対応いたします。
お急ぎの方は、中島の携帯まで SB携帯 090‐3659‐4260

<中島行政書士事務所主要営業エリア>
・近畿の府県 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村 城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村
Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.  
ご相談はコチラまで