給料未払い 賃金未払い 不当解雇 残業代
内容証明相談室
0774−54−7627 075-353-8901 受付時間AM9:00〜PM23:00
土日祝日対応しています。
今なら初回無料!  ご相談・ご予約はコチラまで

トップページ 初回無料のメール相談 ご利用料金 内容証明とは? 事業者概要
ご相談はこちらから
ご相談から作成の流れ
ご利用料金
▼内容証明基礎知識
内容証明とは
内容証明の使い方
内容証明の書き方
内容証明の出し方
内容証明を出した後
内容証明で請求する権利を確保する
裁判所からの内容証明
電子内容証明
内容証明が送られてきたら
▼内容証明で通告・請求できること
・クーリングオフ/悪徳商法/中途解約
・消費者契約法による取消し
・離婚の申し出/養育費・慰謝料請求
・不当解雇に対して/上司のセクハラ
残業代の未払い/派遣トラブル
・相続分を取り戻す/遺産分割話合い前に
・殴られた/髪の毛切られた
嫌がらせ電話/ストーカー
・貸金返還請求する方法
・過払い金の返還請求方法
・賃貸借契約の解除に/敷金返還請求に
・ペットのトラブルに
・子供のいじめに文書で通告
▼内容証明送付後の対処方法
支払督促
少額訴訟
民事調停
告訴・告発
強制執行
話合いによる和解

特定商取引法の表示
相互リンク募集中!

購読無料のメルマガ情報!
内容証明の知識が無料で手に入る!
知りたい情報満載のメールマガジン


読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

新着記事 本日はです。
▽09.07 内容証明メルマガ最新号発行
▽06.01 内容証明サイトリニューアル

中島行政書士事務所



→気持ちを伝える代筆屋
    
オリジナルタオル制作のご相談は
母乳育児を快適に
bonyuikuji.marienremedy.com
リノベーション費用のご相談承ります
看板に関するご相談は
www.omoshiro.co.jp
抗がん剤脱毛対策用かつら
▼給料未払いは労働者に対する犯罪です!
 給料未払い 賃金未払い 不当解雇 サービス残業
そんな労使トラブルには労働基準法+内容証明で対抗で請求できます。


給料未払いに対しては、正社員だけでなく派遣社員、パート、アルバイト、全ての従業員を守ってくれる労働基準法で対抗できます。給料、賃金は労働の対価であり、一定期日毎月1回以上全額払い直接払い、現金払いが原則。(もちろん当事者の合意によってほとんどが銀行振り込みです)
給料未払いや賃金未払いに対して黙っている必要はありません。



給料未払いや、賃金未払い、残業代、解雇予告手当て、
労使トラブルで会社に請求するなら内容証明が効果的!



給料未払いや残業代未払いを請求できる権利は 2年で消えてしまいます!

(退職金は5年)証拠を確保して請求は内容証明等の書面で行いましょう。
有給は6ヶ月以上継続勤務すればパートやアルバイトにも与えられる正当な権利です。
賃金のカットは1回に半日分、月全体で10分の1が限度です。(※あくまで遅刻や欠勤等があった場合です。無理由に従業員の同意を得ない賃金カットは違法です)
解雇にも理由が必要です。解雇に納得できないなら解雇に異議ある旨述べておきましょう。
・残業代(時間外は25%増し、深夜手当は25%増し、休日手当ては35%増し)や未払い給料、未払い賃金は年率6%の遅延利息も請求できます。退職労働者に対する年率は14.6%です。
・会社が倒産した場合、労働債権には先取特権があり他の一般債権者に優先して支払いを受けられます。(※但し早めに差し押さえをしないと権利を行使できなくなります)
セクハラには慰謝料を請求しましょう。
加害者本人に言って聞かないなら直接会社に請求することもできます。
・パワハラ(上司による嫌がらせ)はまだまだ認知されていませんが、立派な暴力です。
加害者本人に言って分からない相手には直接会社に通告ができます。


給料未払いに対して請求するために必要なものは

・タイムカードの写し
・上記が無ければ直近3ヶ月の給料の振込み明細で証明する
・請求先の会社の登記事項証明書又は代表者資格証明書があるといい
・言った言わないを避けるため書面による請求(内容証明がベスト)


まずは内容証明で請求しよう!

1.内容証明による請求(大抵の会社は労働基準監督署への通告を恐れ請求に応じます)

2.対応が無ければ労働基準監督署への通告

3.支払督促や少額訴訟を視野に入れる
※ポイントは証拠ですから、給与明細や振込み明細、タイムカードのコピー、雇用契約の書類、就業規則や内容証明の控えなどを取っておくことです。


労使トラブルを予防する会社のチェック事項

1.就業規則を必ずチェックしましょう。
2.労働時間は1日8時間、週40時間と労働基準法により法定されています。(時間外労働は労使協定や届出あって初めて可能なものです)
3.休憩は6時間を越える場合は45分、8時間を超える場合は1時間です。
4.4週4日が法定休日で、年間休日日数は決まっていません。
5.賃金は現金払いが原則、口座振込みにするには労使協定と本人の同意が必要です。
6.解雇には解雇予告制度があり、30日以前に解雇するには解雇予告手当てが必要です。
7.労働者は申し出から2週間で退職することが出来ます。
8.法律上定年は60歳を下回ることが出来ません。(平成18年4月から高年齢者雇用安定法が改正されました。)
9.サービス残業なるものを法は認めていません。時間外25%増、深夜手当25%増、休日35%増。

≫個人で会社へ請求するより、行政書士が作成する内容証明(法的な文面や職印)であったほうがスムーズに解決できる可能性が高いです。ぜひ気軽にご相談下さい。

当事務所に内容証明作成を依頼されるメリット!
1.初回無料のお電話・メール相談をご利用頂けます!
2.事実関係だけでなく根拠条文を盛り込んだ内容証明なので説得力があります。
3.行政書士の職印を押印するため、相手に与える心理的プレッシャーが違います。
4.相手の反論を防ぐ有力な証拠の集め方を教えます。
5.内容証明を送った後の対応方法まできっちりサポートいたします。
 ≫ご利用料金はこちら     ≫ご相談・ご依頼フォームはこちらから


<主要営業エリア>
・近畿の府県
京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村
城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村




内容証明相談室HOME   サービスや報酬額について  お問合せ 

事務所紹介プロフィールはこちら

法務コンサルティング中島行政書士事務所
〒600-8148 京都市下京区東洞院通七条上ル飴屋町252 井上ビル3F 
TEL 075‐353‐8901/FAX 075‐353‐8926
URL http://www.kaiketuya.com  mail ngj@kaiketuya.com
  Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.