ご利用者の声をお聞き下さい
▼ご依頼への流れ
▼よくある質問
▼報酬について
▼弊社のこだわり
▼事務所について

▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権の時効期間
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法
≫預貯金の引き出し
≫車の名義変更
≫土地や家の相続登記

▼その他の業務について
≫業務メニュー全般
≫離婚手続き
≫内容証明作成手続き
≫契約書作成手続き

≫任意後見手続き
≫会社設立の手続き
≫営業許可申請手続き
≫外国人ビザ手続き
≫自動車手続き

contents

所長のプロフィール

京都新聞への掲載記事

代筆屋行政書士のブログ


事務所メルマガ
読めば5分で元気になります!

知って得する無料レポート
内容証明、離婚、遺言、会社設立

▼公的機関・費用・税金

中島行政書士事務所





→気持ちを伝える代筆屋




▼内容証明書作成 ▼内容証明とは ▼内容証明の書き方 ▼内容証明の提出方法
内容証明とは
 内容証明とは、内容証明郵便と言って、郵便である手紙の1種です。
書留で出すことが前提であり、内容証明を提出する際手紙の内容をチェックされます。
内容証明は3部提出する必要があり、通常は
配達証明をつけることになります。
1通が差出人の控え、1通は受取人、1通は郵便局で5年間保管されます。
 用紙は自由ですが、用紙1枚あたりの字数制限があり、
通常の郵便よりは郵送料金(1,200~1,300円)がかかります。


<利用方法>
・内容を証拠として残したいとき
・相手に対しこちらの強い意思を伝えたいとき
<注意事項>
・内容が正しいことの証明ではなく、あくまでその内容の通知があったことを証明するものです。
・一度提出した内容証明の内容は取消すことはできません。


内容証明書は専門家である行政書士に
 内容証明書を作ることは簡単です。雛形を見れば誰でも簡単に作ることができます。しかし、本当に大切なことは法律と人を意識した内容証明書です。一方にだけ有利なものではなく双方が安心できメリットのある、意味のある契約書を作りましょう。何かあってからでは遅い、事前に危険を回避する、そのことを十分に意識して内容証明書を作成するようにしましょう。


<中島行政書士事務所主要営業エリア>
・近畿の府県 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村 城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村

Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.  
ご相談はコチラまで