ご利用者の声をお聞き下さい
▼ご依頼への流れ
▼よくある質問
▼報酬について
▼弊社のこだわり
▼事務所について

▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権の時効期間
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法
≫預貯金の引き出し
≫車の名義変更
≫土地や家の相続登記

▼その他の業務について
≫業務メニュー全般
≫離婚手続き
≫内容証明作成手続き
≫契約書作成手続き

≫任意後見手続き
≫会社設立の手続き
≫営業許可申請手続き
≫外国人ビザ手続き
≫自動車手続き

contents

所長のプロフィール

京都新聞への掲載記事

代筆屋行政書士のブログ


事務所メルマガ
読めば5分で元気になります!

知って得する無料レポート
内容証明、離婚、遺言、会社設立

▼公的機関・費用・税金

中島行政書士事務所





→気持ちを伝える代筆屋




▼離婚相談・離婚手続 ▼財産分与・慰謝料・養育費 ▼離婚協議書の作り方
離婚協議書の作り方

1.まずは冷静な話合いを
2.話し合った内容を離婚協議書に記す

・タイトルを決めましょう!
 「離婚協議書」「離婚契約書」「離婚合意書」「離婚給付等財産契約書」
なんでも構いません。分かりやすいものにするのがいいでしょう。

・親権(未成年の子供がいる場合)
 親権者を決めましょう。離婚後は双方が親権者になることはできません。
実際に子供を育てるどちらか一方を親権者と決める必要があります。
親権者の権限の中にある監護権者を別に設定することもできますが、あまりお勧めできません。
というのも監護権者が子供を育てていても、子供を保育所や、幼稚園に入れるときなど、その都度親権者の同意が必要になります。親権と監護権を分ける場合にはそういった将来のことも視野に入れ考える必要があります。

・面接交渉権(未成年の子供がいる場合)
 いつどこで、どのように会うのかなどを定めます。
多いのは月に1回だったり、夏休み等の休みの日に会うことができるというものです。
この面接交渉権は養育費の支払に関して、非常に重要な意味があります。
というのも養育費の支払は長期に渡るため、子供の成長を見ることができなくなると支払をしなくなる可能性があるからです。支払う相手に子供を面会させることは、養育費の支払を促す意味でも、効果があるといえます。

・財産分与
 預貯金や家、土地、車、有価証券など、結婚によって形成した二人の財産を離婚に伴い分与するというものです。
多くは5:5で分与します。支払う人や貰う人の氏名、目的物、支払い方法等を明確に記載しましょう。
財産分与は離婚から2年で時効にかかりますので、離婚前に協議を交わし、書面に記すようにしましょう。

・慰謝料(不倫や暴力など、相手に非がある場合に認められる金銭給付請求権です)
 慰謝料の額、支払い方法等を明確に記載しましょう。
慰謝料に関しても、3年の時効にかかりますので話し合った内容は必ず書面に記し、後のトラブルをさけるようにしましょう。

・離婚時年金分割制度(離婚相手の厚生年金を最大2分の1分割できる制度です。)
 条件として、サラリーマンであること、離婚から2年経過していないこと、もらう側も年金の受給資格があること、などなど。
離婚時年金分割は、分割割合を合意した、公正証書が必要になりますので、離婚協議書を作成される際に明記しておくとよいでしょう。

3.自分の分と相手の分2通作成する

4.作成した内容を確認した後、お互いが署名(認め可)押印する

※公正証書にする場合は、印鑑証明と当日実印が必要です。

5.作成した日付(年月日)を記載する

6.自分の分と相手の分2通作成するお互いが1通ずつ保管しておく
※後に作成した離婚協議書を元に公正証書にすることもできます。

離婚相談・離婚手続は専門家である行政書士に
 離婚は結婚以上に労力を使う大変な作業です。心の悩み、将来の生活の悩み、財産分与や慰謝料、養育費、を考慮した離婚協議書の作成など様々な手続が必要になります。離婚協議書を作成する前に信頼のおける行政書士に離婚相談をしてみましょう。


<中島行政書士事務所主要営業エリア>
・近畿の府県 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村 城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村

Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.  
ご相談はコチラまで