ご利用者の声をお聞き下さい
▼ご依頼への流れ
▼よくある質問
▼報酬について
▼弊社のこだわり
▼事務所について

▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権の時効期間
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法
≫預貯金の引き出し
≫車の名義変更
≫土地や家の相続登記

▼その他の業務について
≫業務メニュー全般
≫離婚手続き
≫内容証明作成手続き
≫契約書作成手続き

≫任意後見手続き
≫会社設立の手続き
≫営業許可申請手続き
≫外国人ビザ手続き
≫自動車手続き

contents

所長のプロフィール

京都新聞への掲載記事

代筆屋行政書士のブログ


事務所メルマガ
読めば5分で元気になります!

知って得する無料レポート
内容証明、離婚、遺言、会社設立

▼公的機関・費用・税金

中島行政書士事務所





→気持ちを伝える代筆屋




▼離婚相談・離婚手続 ▼財産分与・慰謝料・養育費 ▼離婚協議書の作り方
財産分与・慰謝料・養育費
・財産分与 

 夫婦が婚姻中に形成した財産は、通常夫名義であることが多いものですが、実質は妻の貢献により形成することができたのであるため実質上共同財産としてその清算分配する必要があります。また離婚後における当事者の生計の維持を図ることを目的とするためのものでもあります。妻が財産分与の請求をするとして、財産分与は夫婦共働きであれば50%、専業主婦である場合には30~40%程度請求することができるとされています。
※ローン付き不動産の財産分与は複雑になる傾向があります。
≫平成18年度家庭裁判所の離婚の財産分与額-支払額別・婚姻期間別表-(公正証書に記載する際の参考)


・慰謝料

 慰謝料とは財産分与とは異なり必ず請求できるものではありません。精神的苦痛を受けたり、暴力を振るわれたり、相手方の不法な行為によって離婚するに至った場合等に請求できるものです。離婚するに関して相手に全く責任がなく単に離婚したから慰謝料を、というわけにはいきません。慰謝料は相手方の有責性や婚姻期間、相手方の収入その他様々な事情を総合考慮して算定します。はっきりとした額はいえませんが、不貞(不倫等)の慰謝料の相場としては相場としては300万円前後といわれています。但し婚姻期間が1年や2年と短期間であった場合や、離婚に到らなかった場合は100万円前後が妥当ではないでしょうか。
 ※浮気が原因で離婚する場合、浮気の相手方が夫又は妻がいることを知って肉体関係等を継続していた場合は浮気の相手方にも慰謝料を請求できます。その場合夫又は妻と浮気相手は慰謝料の支払について連帯責任を負います。

財産分与・慰謝料の注意点


・慰謝料、財産分与請求は離婚後にすることもできますが、慰謝料は3年、財産分与は2年(離婚届提出時から数える)と比較的短期間の消滅時効にかかるので、やはり離婚前に離婚協議書を作成し公正証書にしておくべきです。
※養育費に関しては時効にかかりませんが、必ず公正証書を作成しましょう。
財産分与や慰謝料価格が適正であれば、分与された、支払いを受けた側に基本的に贈与税はかかりません(※不動産取得税=固定資産税評価額×3%)が、目的物が金銭以外の場合(土地や建物等)には、分与した、支払った側に譲渡所得として所得税や住民税がかかる場合があります。
 例えば不動産等を譲渡することが、その不動産等を時価で売却しそれにより得た金銭を分与したり支払ったりしたとみなされる。よって譲渡益(時価-取得費)があればそこに課税されます。ただし居住用財産であれば特別控除で課税されない場合もありますので、税金の詳細に関してはお近くの税理士や税務署にお尋ね下さい。
 


養育費

 簡単に言うと子供を育てるために必要なお金です。子供を引き取ることになった一方に対して、引き取らなかった一方が支払います。養育費の相場としては、子供一人当たり3~5万円ですが、支払う者の収入によってはそれ以下もそれ以上も考えられます。あくまで参考として捉えてください。
養育費をいつまで支払う必要があるのかですが、通常は成人までです。しかし18歳までとしたり、大学卒業までとした例もあるので18~22歳ぐらいまでと考えればいいでしょう。
●そして養育費に関しては必ず離婚協議書は公正証書へ。
≫離婚後の養育費算定表(公正証書に記載する際の参考)


離婚協議書を作成し公正証書へ

 離婚協議書とは「慰謝料」「財産分与」「親権」「監護権」「養育費」「面接交渉権」等様々なことを記載します。
離婚協議書は離婚協議内容を記載した離婚に必要な書面です。
しかし、離婚協議書を公正証書にしておかないと後々のトラブルに対応することができませんからら離婚協議書は必ず公正証書にして下さい。そして公正証書には必ず強制執行認諾約款を記入しておきます。公正証書にこの記載があると相手が金銭の支払いを怠った場合に裁判なしで強制執行できるという極めて重要な約款です。公正証書でない離婚協議書にはこのような効力はありません。つまり離婚協議書を公正証書にせず相手が支払わない場合、強制執行するには裁判が必要です。公正証書があれば即座に強制執行(相手の給与等の差し押さえ)が可能です。
 もちろんご自身で離婚協議書を作成し、公正証書とすることもできます。ですが、協議書の内容が公序良俗に反するものだったり、重要な事項を書き忘れていた場合等、離婚協議内容が無効になったり取り返しのつかないことになりかねません。また公正証書の作成には公証役場において公証人との調整が不可欠です。
離婚協議書や公正証書でもし心配であれば離婚協議書作成そして公正証書手続きのプロである行政書士に気軽にお問い合わせ下さい。
※注意事項:公正証書には全ての協議内容を記載できるわけではなく公証人との調整によって公正証書に記載できない事項が発生する場合もある。
また公正証書は全国各地の公証役場で公正証書の認証を受けることができます。

<参考までに公正証書作成の際の公正証書作成手数料>
公証人への公正証書認証手数料 目的価格が1,000万円までなら5,000円~17,000円
公正証書の正本・謄本代   公正証書正本 1通 250円
公正証書謄本 1通 250円
※公正証書が4枚を超える場合は超過枚数1枚につき250円加算。

離婚相談・離婚手続は専門家である行政書士に
 離婚は結婚以上に労力を使う大変な作業です。心の悩み、将来の生活の悩み、財産分与や慰謝料、養育費、を考慮した離婚協議書の作成など様々な手続が必要になります。離婚協議書を作成する前に信頼のおける行政書士に離婚相談をしてみましょう。


<中島行政書士事務所主要営業エリア>
・近畿の府県 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村 城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村

Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.  
ご相談はコチラまで