相続の悩みをスパッと解決する京都の中島行政書士事務所
ご利用者の声をお聞き下さい
▼ご依頼への流れ
▼よくある質問
▼報酬について
▼事務所について

▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権の時効期間
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法
≫預貯金の引き出し
≫車の名義変更
≫土地や家の相続登記

▼その他の業務について
≫業務メニュー全般
≫離婚手続き
≫内容証明作成手続き
≫契約書作成手続き

≫任意後見手続き
≫会社設立の手続き
≫営業許可申請手続き
≫外国人ビザ手続き
≫自動車手続き

contents

所長のプロフィール

京都新聞への掲載記事
知って得する無料レポート
内容証明、離婚、遺言、会社設立

▼公的機関・費用・税金

中島行政書士事務所






 一般的には相続人が複数の場合に、法定相続分と異なる遺産の分配方法を定めた場合、遺産の分配方法を書類に記すものを遺産分割協議書と言います。

 遺産分割協議書は必ず作成しなければならないものではありませんが、実際には、相続財産に不動産が絡んでくると、相続登記を申請する際に遺産分割協議書が必要になってくる可能性が高いので作成しておくべきでしょう。

 例えば、□建物を所有の Aさん(夫) Bさん(妻) Cさん(長男) Dさん(次男)の家族
□建物にはAさんと、BさんとCさんが同居しています。
ある日、Aさんが亡くなった場合、□建物の相続人はBさん、Cさん、Dさんです。

 この場合、遺産分割協議によって、Dさんは□建物について相続しない旨の一筆を貰わないと、住んでいないDさんまでが□建物の名義人となってしまいます。
Bさん単独名義、B、C共有名義、いずれの名義に相続登記するにも、遺産分割協議書が必要になってきます。
※遺産分割協議書に記載する相続財産は具体的に特定しましょう。
・預貯金に関しては、氏名を特定し、誰にいくら分配するのか具体的に記す。
・不動産は、所在、家屋番号、種類、構造、面積(登記事項証明書通りの記載)
・車は、登録番号、車名、車台番号、型式等
※相続登記を申請する際のことを考えると遺産分割協議書には、亡くなった方と相続人の相続関係を証明する除籍や戸籍謄本、相続人全員の署名押印(実印)+印鑑証明書が必要です。


 「だったら、不動産(土地や建物)が相続財産に無い場合は、遺産分割協議書は不要なの?」

と、よく聞かれますが、それは違います。

 遺産分割協議書を作成することは、相続登記だけでなく、「そんなこと言った覚えはない!」「そんなこと聞いていない!」といった後のトラブルを未然に防ぐ証拠としての機能も果たします。
大切な相続財産の取り決めを口約束だけで終わらすと、後日言った言わないの水掛け論になりますから、法律家としては、遺産分割協議書は必ず作成するべきでしょう。と言えます。



 

相続と遺言書は切っても切れない関係レポート無料で進呈中!

 お名前、メールアドレスをご記入頂くとレポートが無料でダウンロードできます。

*メールアドレス

*名前

ご相談内容あれば、ぜひどうぞ。


<中島行政書士事務所主要営業エリア>
・近畿の府県 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村 城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村
Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.  
ご相談はコチラまで