相続相談 京都 相続手続 遺産相続手続 遺産分割協議書作成代行 相続人の特定 遺言書作成代行  京都相続手続サポートセンター


京都相続手続サポートセンター
  ▼京都相続手続サポートセンターでは、行政書士がお客様の相続問題を解決いたします。
  相続相談の診断結果に応じ行政書士、司法書士、税理士、弁護士等各専門家をご紹介いたします。
0774−54−7627 075-823-6081
お電話受付時間AM9:00〜PM23:00
夜間、土日祝日も対応いたします。
トップページ お問い合わせ窓口 ご利用料金 相続相談業務の現場から 事業者概要
ご相談はコチラから







▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権には時効期間がある
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法(戸籍除籍の収集)
≫預貯金の引き出し名義変更について
≫車の名義変更
≫土地や家(不動産)の相続登記

▼弊社でのサポート内容
1.遺言書の調査
2.相続人特定調査(戸籍除籍収集)
3.財産確定調査(預貯金、不動産、株)
4.遺産分割協議書作成
5.相続手続きに必要な書類収集
6.車の名義変更や預貯金払戻し手続
7.手続き終了後も無料回答
※相続登記は司法書士、相続税は税理士、相続訴訟は弁護士、各専門家がトータルサポートいたします。
■遺言レポート(PDFファイル)
〜相続が争続にならないために〜
お名前
E-MAIL


中島行政書士事務所




代筆屋×行政書士という生き方。ブログ随時更新中!

■運営者紹介

相続手続き専門の行政書士 
中 島 泰 成
 Nakajima    Yasunari

・京都府行政書士会所属
・生活無料相談会主催者
・ビジネスコラボランチ会 主催者
・起業ネット集客術講師
・相続遺言セミナー講師
・エンディングノートセミナー講師
・京都相続サポートチーム代表
 
 僕が相続業務を専門に取組む理由
 仕事柄、年齢性別職業問わず、たくさんの方のお悩みやご相談を受けています。
そんな中、相続で悩んでおられる方がとても多いことに気付きました。
相続は誰にでも起こり得ることですが、皆さん初めての経験になります。
「どうしていいのか分からない」相続が発生した相談者の皆さんが口を揃えて言われる言葉です。
どうしていいのか分からない、を少しわかったに変え、最後に笑顔になって頂く、それが僕の仕事だと思っています。
 自分で言うのもなんですが、良くも悪くも様々な人生経験をしてきました。その人生経験は相続で悩んでおられる方のために、活かすことができると信じています。


 あるお客様
「見た目は若くて気さくな方でした。最初お会いしたときは本当に行政書士?って思いましたたよ。
でも依頼してよかった、不安な相続のことを分かり易く教えてもらえました。
仕事は早くて親切で丁寧だったから。何よりお話ししてて楽しかったです。」
 「〇〇さん、もう結構いい年ですよ笑。もちろん本物の行政書士です。
ご依頼頂いて本当に嬉しかったです。相続で悩んでいる方に少しでも楽になって頂くのが、僕の仕事だと思ってますから。」


⇒ブログも随時更新中!

■中島人生列伝〜聞くも涙、語るも涙のてんやわんや人生紀〜
1980年
 京都府
城陽市、中島家4兄弟の3番目待望の長男として生まれるも、、、
1989年〜
 非常に冷めた子供で、フナや金魚釣りをして遊んでいた。
小遣いがもらえず駄菓子欲しさにプラ板にアニメのキャラクターを描いてキーホルダーを製作、友人に販売していた。
販売に陰りが見えた頃、在庫一層オークション等も敢行していた9歳児。結果子供が子供からお金を巻き上げていると学校に通報される。
僅か9歳での初めての商売経験は、今の貪欲さに繋がっている。
 小学校、中学校、高校と全学校で親が呼び出されるような子供だった。理由は授業妨害、窓ガラスを割る、バイクに乗って停学など、喧嘩はほどほど・・・。勉強をする意味が見い出せず、高校ではほとんど学校へ行かず赤点(クラス平均点の半分以下の点数)を連発、出席率が低すぎて単位が取れず、教師陣に謝罪し全校舎の窓ガラスを拭いてなんとか卒業資格を獲得する。
1998年〜
 高校卒業後、カリフォルニアのゴールドラッシュを夢見て、大都市ロサンゼルスへ留学

しかし現地に降り立ったとき、1848年ごろの出来事だったと告げられ挫折、
学校へも行かず遊びに行ったラスベガスでブラックジャックと出会い、ギャンブルで成功を夢見る。
現実は甘くなくあえなく敗退しまた挫折するが、カジノでの経験が今の自分の決断力を支える原点になっている。
さらに、留学先で親しくしていた女性が実はドラッグ中毒の女詐欺師で金銭や衣服を騙し取られ、人生のどん底を味わい人間不信に陥る。しかし人間不信だった自分を助けてくれたのも、また同じ人間で優しくしてくれた友人達だったことから人を助けることの大切さに触れる。帰国後15種以上の職業を経験し、生きていく上で法律というものの重要さを知り法律家を目指す。
1999年〜←人生の転機 
 というのは、建前で実際はその頃付き合っていた彼女に帰国直後振られ、そのとき言われた言葉「あんたに何かあんの?」でとてつもないショックを受け、闘志がメラメラと燃え上がる。それが丁度20歳前「何か手に職を」と、突然司法書士試験にチャレンジ。
 とはいえ、高校もろくに通っていないほとんど中卒の学力では漢字を読むこともままならなかった。
漢字の書き取りから始めた一日10時間を超える地獄の猛勉強(座りすぎでヒザや足の骨格が変形、原因不明の血便が出たこともある)も、司法書士試験5度の敗北。ある意味生死の境を彷徨う。
2004年〜
 再起を誓ったヤフオクによる転売事業の失敗。
2005年〜
 デイトレード(株式投資)による数千万円の取引の結果、気付けば一文無しに。
何度も何度も敗北を味わった。
2006年〜
←人生の転機
 どん底、そして絶望の中生きることさえ嫌になっていたある日
近所の本屋で行政書士を主人公にした漫画「カバチタレ」に出会い、一筋の光を見つける。
「他人の人生を紙切れ一枚で変える仕事」
 この言葉に激しい衝撃と行政書士という仕事に対するやりがいを感じ行政書士試験に挑戦。
2007年〜
 「高卒フリーターから法律家へ」をスローガンに、彼女から言われたあの言葉を思い出し、見事一発合格を果たす。
 デイトレードで開業資金を失ったため、自宅で中島行政書士事務所を開業。
 同時に辻仁成氏の著書「代筆屋」に出会い、小説の世界ではなく、現実の世界で日本で唯1人の代筆屋行政書士を始める。
2008年〜
 開業後、ご近所への挨拶、15,000枚のチラシをまくも、全く反応がなく途方に暮れる。
ある経営コンサルタントに出会い、初対面で、儲けることの厳しさについて、2時間の説教を受け、何かに目覚める。
当時行政書士事務所のHPやブログは少なく、インターネットで集客しようと、ホームページビルダーを購入し、一からサイトを構築する。
  独学のSEO対策が功を奏し、「行政書士 京都」のキーワードでヤフー、グーグルで1位を独占する。
メール、電話からの問合せが増え、経験と人助けのためとお金もないのに100件の無料相談をこなす。
2012年
 
京都新聞掲載
2013年
 関西テレビ出演
 朝日新聞掲載
現在

 相続相談、離婚相談、契約問題を中心に活動し、相談依頼件数は1000件を超え、京都で一番変わった!?行政書士としてコアなファンを集める。

 また地元の方に役に立ちたいと始めた生活無料相談会や、相続問題に取り組む相続セミナー、インターネット集客を目的としたインターネット集客セミナー、講師による熱血講義と人脈作りの交流会を目的としたNプロジェクト21(旧新人・若手行政書士勉強会)士業者を中心に集めた熱い勉強会を毎月1回主催(約2年間)、起業者、創業者、ビジネスマン向けの毎週水曜日ビジネスコラボランチ会を主催している。
 2013年に、京都の相続対策チームとして、士業やライフプランナーを中心としたチーム、京都相続サポートチームを立ち上げた。


■マスコミ及び各専門家サイトへの掲載情報

・関西テレビ よ〜いドン!人間国宝認定
 
 ・朝日新聞
  ・京都新聞
・城南新報

・赤旗


■相続セミナー等の講演


エンディングノートで始めるわたしの老後デザイン 

相続遺言がとてもよく分かるセミナー&個別相談会 

■その他掲載事例

・洛央税理士法人専門家ネットワーク
・法律の悩み無料相談センター
・エイプリルカフェ

■主催プロジェクト及び主催相談会

ビジコラ〜ビジネスコラボランチ会〜
 一度入ると癖になる、ビジコラ。以前は、新人若手の行政書士を中心に集めた会を主催していましたが、それだけではもったいないということで他士業者や経営者、創業者、学生、色んなメンバーを集め何か21世紀の新しいプロジェクトを開発しようと模索中。メンバーの中には正直なんでこんな凄い人がこんな会に・・・って人達もおられます。化学反応を起こす、それがこのプロジェクトの狙いです。必要なのは当たり前の答えではない、斬新なアイデアをお待ちしております。
 ≫参加希望者はこちらから


7つの夢(セブンドリーム) 
 1.世界一大好きな人を世界一幸せにすること
 2.誰もが知ってる有名作家になること
 3.情熱大陸に出ても恥ずかしくない男になること
 4.ミスチルに会うこと
 5.中田英寿さんと会話すること
 6.ビリヤードをしながら世界を旅すること
 7.老後は移動販売のたこやき屋さんをすること

趣味 

・ビリヤード(一時期はプロに教えてもらいながら試合にも出てました。今は・・・。)

琵琶湖でブラックバス釣り

太平洋いかだでのチヌ釣り

嫁が書いた僕の似顔絵、らしいです笑
 
 ・マイベスト映画は「レオン」、マチルダとレオンの切ない物語が最高に泣けました。
 
 ・ドライブも好きですね。(※もちろん画像はイメージです笑)

 ・好きな音楽は「ミスターチルドレン」が大好きです。ミスチル好きに悪い人がいない!
 
 ・愛車のあうでぃです。(※こっちが現実です笑)
 
 
・ケニアのマサイの村の子供達。人生を変える最高の旅でした。
   


特技 
 初めて会った人と仲良くなること、人と人を繋げること(メール下されば時間の許す限りお会いします。ぜひお会いしましょう!!)

座右の銘
 「人生はアドベンチャーたとえ踏み外しても結局楽しんだ人が笑者です」    sound by
ミスチル

好きな言葉
 
 「行けばわかる、行かなければわからない」


中島事務所公式ブログ(行政書士中島の人間性がかいま見れる、かも)
≫代筆屋×行政書士、という生き方
ツイッターはじめました!


若かりし頃の行政書士中島とアメリカロサンゼルス語学スクールの悪友達(※留学時代の写真随時アップしますんで)
 



・こんな行政書士を目指しています!
 敷居が高いと思われがちな法律家という垣根を取り払い、誰もが気軽に声をかけられるような身近な町の法律家を目指しています。「市民に身近な」とはご相談・ご依頼される方と同じ目線でその方の立場に立って問題を解決することだと考えています。僕自身まだまだ成長過程ですのでたくさんの方と出会い様々な事案を解決し、これから法律家として一人の人間としてもっともっと成長していきたいと思います。
 困った時やこれは面倒だなぁと思ったときは一人で悩まないで気軽に声をかけて下さい!写真ではいかつくてとっつきにくそうな顔をしているかもしれませんが、実際に会えば関西弁でしゃべるどこにでもいる気さくなお兄ちゃんといった感じです♪
 僕が法律家になった理由それは
「困っている人のために何かをしたかった」ただそれだけです。(もちろんご飯を食べるためでもありますが・・・。)
世界を変えるなんて大それたこと考えていません。
だけど、自分に関わってくれた人たち、自分の目に映る人たちは、自分で何とか助けられるんじゃないかと。
個人や企業の法務コンサルタントとして、行政書士が皆様の良きパートナーとなれるよう精一杯頑張りますので、これからどうぞ宜しくお願いします。
<京都の行政書士主要営業エリア>
・近畿の府県
京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村
城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村
  Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.