相続の悩みをスパッと解決する京都の中島行政書士事務所
ご利用者の声をお聞き下さい
▼ご依頼への流れ
▼よくある質問
▼報酬について
▼事務所について

▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権の時効期間
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法
≫預貯金の引き出し
≫車の名義変更
≫土地や家の相続登記

▼その他の業務について
≫業務メニュー全般
≫離婚手続き
≫内容証明作成手続き
≫契約書作成手続き

≫任意後見手続き
≫会社設立の手続き
≫営業許可申請手続き
≫外国人ビザ手続き
≫自動車手続き

contents

所長のプロフィール

京都新聞への掲載記事
知って得する無料レポート
内容証明、離婚、遺言、会社設立

▼公的機関・費用・税金

中島行政書士事務所







 相続税は10カ月と言う期限は、申告期限であり、納税期限です。

相続開始から10か月ですが、10カ月と言うのは、
亡くなったことを知った日の翌日から数えて10カ月以内です。

 10カ月以内の申告ですが、相続税の納税(実際に相続税を支払う)も、
この申告期限内にする必要があります。

 相続税には、5000万円+相続人の数×1000万円という基礎控除額がありますから、
残された相続人が奥さんとお子さんの2名の場合、7000万円まで相続税は発生しません。
つまり、

基礎控除額を超えた分に対して相続税が発生します。

 上記ケースの相続財産が7100万円だった場合、100万円に対して相続税が発生します。
課税標準区分は、1000万円以下ですから、課税標準額×10%=10万円
相続人2人で相続財産額が7100万円の上記ケースでは、
100,000円の相続税を支払う必要があるということになります。

 ただし、平成27年から、基礎控除額と相続税が大幅に変わります。

現在の基礎控除額  5000万円+相続人の数×1000万円
       ↓
27年の基礎控除額  3000万円+相続人の数×600万円基礎控除額

 平成27年以降に亡くなった場合、

財産額7100万円の上記ケースでは、
なんと、2900万円に対して相続税がかかります。
相続税の支払額は3,850,000円です。
上記ケースの場合、平成26年に亡くなった場合に比べて、
平成27年に亡くなった場合は、相続税が38.5倍発生します。

 また相続税を支払うには、相続税の申告書類と、共に大量の添付書類(相続の事実、財産額の計算、相続税の計算)が必要になります。

相続税の申告は、亡くなった方の住所地を管轄する税務署
です

実際の相続税の支払いは税務署だけでなく、金融機関、郵便局等でも可能です。

 申告金額等が間違っていれば、当然税務署に審査されますので
相続税の申告は、相続税に精通した税理士等専門家のアドバイスが必要不可欠になります。


<中島行政書士事務所主要営業エリア>
・近畿の府県 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村 城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村
Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.  
ご相談はコチラまで