ご利用者の声をお聞き下さい
▼ご依頼への流れ
▼よくある質問
▼報酬について
▼弊社のこだわり
▼事務所について

▼相続手続きについて
≫相続手続全般
≫相続放棄について
≫相続の基礎知識

≫遺産分割協議書について
≫遺言書について
≫相続請求権の時効期間
≫相続手続きについて
≫相続人の特定方法
≫預貯金の引き出し
≫車の名義変更
≫土地や家の相続登記

▼その他の業務について
≫業務メニュー全般
≫離婚手続き
≫内容証明作成手続き
≫契約書作成手続き

≫任意後見手続き
≫会社設立の手続き
≫営業許可申請手続き
≫外国人ビザ手続き
≫自動車手続き

contents

所長のプロフィール

京都新聞への掲載記事

代筆屋行政書士のブログ


事務所メルマガ
読めば5分で元気になります!

知って得する無料レポート
内容証明、離婚、遺言、会社設立

▼公的機関・費用・税金

中島行政書士事務所





→気持ちを伝える代筆屋




▼会社設立手続き ▼定款認証 ▼登録免許税 ▼会社設立でよくある質問
定款認証
 定款とは、会社名や事業目的、住所地、資本金や株式の数が記載している、会社の憲法と言えます。会社を設立するにはまず定款の作成が必要です。定款の作り方として定款には絶対的記載事項といってその記載がないと定款自体が無効となる重要な記載事項があります。
 定款作成後は公証役場において定款認証手続が必要です。定款認証費用は5万円、印紙代が4万円、謄本が2通で2,000円前後となっています。
・弊社では定款認証のみのご依頼も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。
・電子定款に関しては電子定款認証対応事務所に依頼することによって印紙代4万円が不要になり費用全体が安くなります。


絶対的記載事項
①商号
②事業目的
③本店所在地
④設立に際して出資される財産の金額またはその最低額
⑤発起人の氏名または名称及び住所
⑥発行可能株式総数(※発起人全員の同意で定めることもできます)

 逆にいえば上記記載事項さえきちんと書いておけば公証役場にて定款は適正に認証されます。(商号や事業目的が適正であることは必要です。)
 しかし実際に会社を設立する場合には、会社の規模や会社形態、事業内容によって他に様々な記載事項が必要になってきます。例えば1人会社を作るには、株式譲渡制限の規定(株式を譲渡する場合取締役会や株主総会の承認が必要といった定め)を必ず記載する必要があります。
 現在は電子定款が主流になりつつありますので下記電子定款と通常の定款の違いをご参考にして下さい。

電子定款と従来の定款の違い
電子定款 従来の定款
定款媒体 電磁的記録(FDやCD-R等)
定款の作成方法 ワード等で記述後ソフトによりPDF化 紙媒体に筆記又はワード等による記述
定款の認証方法
PDF化したデータに電子署名

法務省オンラインシステムによる送信

指定公証人による電子定款認証

公証役場に赴き電磁的記録に電子定款データを挿入してもらう
発起人の実印を押印した定款を作成

公証役場へ赴き公証役場で定款の認証を受ける
紙媒体の定款を受取れる ○謄本は従来どおりの紙媒体です。
(※当然ですが効力も従来の定款と全く同じです)
○全て紙媒体です。
定款認証費用 認証手数料     5万円
収入印紙       4万円
当事務所の手数料 2万円
合計         7万円
認証手数料   5万円
収入印紙代   4万円

合計       9万円
定款認証に関しては電子定款認証対応事務所に依頼することによって費用が安くなります!

<中島行政書士事務所主要営業エリア>
・近畿の府県 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 三重 滋賀
・京都市の11の区
 右京区 上京区 北区 左京区 下京区 中京区 西京区 東山区 伏見区 南区 山科区
・京都府下の市・町・村 城陽市 宇治市 京田辺市 八幡市 木津川市 向日市 長岡京市 京都市 亀岡市 南丹市 綾部市 福知山市 舞鶴市 宮津市 京丹後市 宇治田原町 井手町 精華町 笠置町 久御山町 和束町 大山崎町 京丹後町 与謝野町 伊根町 南山城村

Copyright(C)2007 Nakajima yasunari JAPAN. All Rights Reserved.  
ご相談はコチラまで